就職・転職

韓国語求人に強い転職サイト・転職エージェント3選【年収800万以上可】

韓国語 転職
韓国語のスキルを活かした転職をしたい人

韓国語のスキルを活かした転職がしたいので、韓国語求人に強い転職サイト・転職エージェントを教えて欲しいです。

韓国語のスキルを活かした転職をしたい人

転職に失敗しないコツとかも知りたいです。あとだいたいの給与相場とか、必要な資格も把握しておきたいです。

本記事では、こういった疑問に答えます。

本記事の内容

➀ 韓国語求人に強い転職サイト・転職エージェント3選

② 韓国語関連の企業に転職前に知っておくべき事

③ 韓国語求人の給与相場について

④ 転職に必要な資格について

韓国語は現在、需要がどんどん増えている日本人にとって身近な言語です。

韓国語のスキルを活かした転職には、IT関係のメーカーや、KPOP、エンタメ、韓国コスメなど、人気の業種が数多くあります。

韓国語のスキルを活かした転職をしたい人

現在、韓国語を勉強してて将来的に韓国語を生かした仕事がしたい!!

韓国語のスキルを活かした転職をしたい人

KPOPや韓国エンタメ業界、韓国コスメが大好きなので、韓国関連の転職がしたい!!

こういった将来的な願望がある方、将来的に韓国語関連の仕事に就きたくて頑張ってる方はたくさんいると思いますが、どうも情報が少なくて困ってませんか?

この記事を見てくれてる方の中には、似たような考えを持った人が多いのではないかと思います。

そこで今回は、韓国語求人に強い転職サイト・転職エージェント3選をご紹介します。

記事の後半では、おおよその年収・給料や、必要な資格について記載しますので、参考にして頂けると嬉しいです。

韓国語求人に強い転職サイト・転職エージェント3選

韓国語 転職

結論から言うと、以下の3社に登録しておくのを、おすすめします。

まずは応募してみて自分で判断する

まずは上記3社のうち、1つでも良いので登録して案件を探して、実際に応募してみて下さい。そして転職エージェントに相談をしながら実際に面接に足を運んでみて下さい。そこで自分に見合って条件が見つかり、見事転職に成功すれば、それでゴールです。

そうやってトントン拍子に事が進んでくれれば良いのですが、現実はそうもいかず、自分の希望の条件を満たす案件となると、そこそこ時間が掛かったりもしますよね。

ですが、「韓国語のスキルを発揮できる企業に就職して、将来の夢を叶えたい!」と思っているだけで何も行動に起こさないよりも、

まずは動き出すこと、最初の一歩を踏み出すことが重要だと思います。

この記事を読んでいただいている方は、たまたま記事を見て下さっている方もいらっしゃるとは思いますが、自分の韓国語スキルを活かした企業に転職して、新たな挑戦をしたいという思いが強い方が多いと思います。

自分の将来は自分が決める、自分が思い描く未来は自らが判断して決めるという強い思いがある方は、まず行動をして、それから考える思考に持って行った方が結果的に成果が出やすいと思います。

筆者の経験談

この記事を書いている僕は、韓国語のネイティブではないですが、ネイティブにうまいねと言わるれほどには韓国語を話せます。

そんな僕は28歳の時に、韓国関連の会社に転職しました。正確に言うと社会人になり始めて入社した会社が突然不渡りで倒産したので、転職ではなく就職になりますが。まぁそれはさておき、韓国関連の会社に転職サイトを利用して転職しました。

転職サイト以外にもハローワークや友人の紹介などを利用して就職することもできたのですが、やはり給与などの条件面を考えると、転職サイトに登録して応募した方が幅が広がるので、そうしました。

僕の小学生からの友人の一人も、やはり転職サイトを利用して、韓国財閥系の大企業に転職を成功しました。彼女は韓国語をネイティブ並みに使えて、成績も優秀なので僕よりも全然人材価値が高いのですが、そんな彼女もやはり最初はいつくかの転職サイトに登録して、自分に見合った条件の会社を応募して、面接して合格するという流れを辿っています。

よくある疑問:韓国語のスキルが低くても転職できますか?

韓国語 転職

答えはYESです。

韓国語のスキルはある程度でも、転職できます。
もちろんゼロだときついですが、韓国語のスキルは転職後に現場で磨けます。

あとで詳しく記載しますが、それよりも重要なのは転職前段階での事前準備と、それに応じた努力です。

この会社に就職したい!と思えた会社を見つけたら、自分の韓国語のスキルが多少足りなかっとしても、行動してみるのがおすすめです。
これから努力して学べばいいだけです。

韓国語関連業界への転職前に準備しておくべき事

韓国語 転職

先程も少し記載しましたが、

韓国語のスキルを活かした転職をしたい人

韓国語のスキルを活かした転職をしたいのなら、韓国語のスキルはある程度必要だと思いますが、ネイティブ並みにペラペラである必要はあるのでしょうか?

答えはNOです。

韓国語のスキルを活かした転職をしたい人

韓国語のスキルがネイティブ並みだと、それだけで大企業に転職できるのでしょうか?

こちらの答えもNOです。

僕の経験上、韓国語のスキルはそこまで重要ではないです。転職が決まった後、働きながらでも語学力は磨けます。

てゆうか、むしろ転職した現場で韓国語を使うことにより、資格試験や参考書では習えない生の体感ができるので、よりスキルアップしていきます。

では、転職前に準備しておくべき事とは何でしょうか?

それは紛れもなく、自分なりの転職成功へのプロセスを思い描き、それに向かい、ひたむきに努力することです。

具体的には、転職成功というゴールから逆算して、今の自分に足りない要素を補完していく過程が最も重要です。

例えば、面接の練習や転職したい業界の知識を身に着けること、またそれよりもっと一般的な容姿や健康管理などを徹底的に見直すこととかです。

プロセスの設計 → 設計後の行動

転職というゴールへの目標、プロセスを設計した後は、ゴールに向けてひたすら努力することが重要です。

努力は人を裏切りません。

一般的な人は転職したいと思って、転職サイトに登録して、エージェントから電話を待って、紹介されたら面接に行って、それを繰り返して合格を待つみたいな、受け身が多いと思います。

しかしこれではダメだと思います。

自らが率先して自分主導の行動が必要で、自らが主導的に足りない部分を補う努力が必要です。

努力の方法

そのひとによって思い描くプロセスは違いますが、少しずつ、1日1日でも良いので、小さな目標をコツコツと積み上げる事が重要です。

いきなり最初から大きな変化は現れないです。小さな努力を積み重ねて大きな成功を手にして下さい。

面接に向けての努力を誰よりもする。

重要なのは事前準備ですが、やみくもにただ時間をかけても意味がありません。重要なのは個別面接まで受かること、そこまでのプロセスを思い描き、出来ることを計画し、ひたすら努力することです。

就職したい企業が大きいほど、1次審査は書類審査、2次審査は集団面接、3次審査になってようやく個別面接といった流れのケースが多いため、とりあえずは2次の集団面接までを受かるための努力を誰よりすべきです。

例えば、経験豊富な先輩に疑似面接官をお願いし、面接時にどんな質問が来ても答えられるようにするとか、友達と何か議題を用いてディベートやディスカッションをするとか、考えればやれる事は色々あるはずです。

韓国語求人の給与相場

給与は転職を決める時の大きなポイントになると思います。
各転職サイトの韓国語求人の給与相場を調べてみました。

今回は「韓国語」というキーワードで、最も多く検索表示された「doda」を参考にします。

韓国語 転職 

138件表示されました。(2020年6月23日時点)

続きまして、「年収500万以上」で検索してみます。

韓国語 転職 年収 500万

138件中115件がヒットしたので、80%以上の求人で「年収500万以上」狙えるという事になります。

続きまして、「年収800万以上」で検索してみます。

韓国語 転職 800万

138件中62件がヒットしたので、約45%の求人で「年収800万以上」狙えるという事になります。

最後に、「年収1,000万以上」で検索してみます。

韓国語 転職 1000万

138件中15件がヒットしたので、約10%の求人で「年収1,000万以上」狙えるという事になります。

年  収割  合
500万以上約80%
800万以上約45%
1,000万以上約10%

韓国語の転職に必要な資格

韓国語 転職

日本における韓国語の資格は大きく3つあります。

詳しく知りたい方は、下記記事をご参照下さい。

韓国語 勉強
韓国語の資格について【3つの資格を解説します】韓国語学習初心者「韓国語の資格について知りたいけど、どんな資格があるのかな?おすすめの資格やその内容について知りたいな。」こういった質問に答えます。...

結論から言うと、韓国語の資格はあった方が良いと思います。
特に、ハン検とTOPIKの上位級があれば、なお良いです。
個人的には、TOPIKで6級取得できていれば間違いないと思います。

ただ先程も記載しましたが、資格がないと転職できないわけではありません。資格はあった方が良いレベルで、資格よりも重要なポイントは数多くあります。

資格を持っていないからといって、転職を諦めるなどはもったいないので、まずは転職活動に動き出し、転職したい会社の必須条件や自分にとって資格がどうしても必要と思えたらその時に行動しても遅くはないです。

まずは行動してみるのが大事

韓国語 転職

転職サイト・転職エージェントに一度登録すれば、あとは自分の興味ある会社・案件に応募するだけです。

どのサイトも5分程度で登録できますので、この機会に是非行動してみましょう。